スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココチーノももうすぐ9歳。


   先日 消防車がずいぶん近いなと思ったら、


   我が家からほんの50メートルくらいの場所が火事でした。




    火事から2日経っても、消防の方がいらしています。


   外から見ると、何ともないけど・・・


   皆さん、火の取り扱いには気をつけましょうね☆





      さて。




     ココチーノ




     2月生まれのココチーノも、もうすぐ9歳です。



     遊びに行ったら、ココチーノは元気でした♪



     ココ




     胸の毛引きは相変わらずで、


     寒気が見るだけでします。。。



     でも、エリザベスカラーはストレスになるので、

     自咬しない限りはこのままです。




     今年から、おばあちゃんになったのか


     外に出ても遊ぶのは少し。



      走るのも気のせいか、だいぶゆっくりになりました。




      ココ




     紙を切るのは相変わらず大好き☆


     紙が好みでないと 怒ります。


     好みの紙を、好みの折り方にしないと怒ります。(✿ฺ-ω-)


     そんなおばあちゃんお姫様、ココチーノの最近の好みは




       ココ




      みかん。




      そのまま皮を剥いた状態で渡しても怒ります。


     母が少しずつ、絞って液を出すと


     高速で舌をまわしてごくごく飲むココちゃん。




      ああ、わがままだぁ。




      でも、




       ココ



     この顔を見ちゃうとね(艸゚Д`*●)。
     



     ココちゃん、長生きしてこれからも


     笑顔をいっぱい頂戴ね☆





スポンサーサイト

鳥の落としもの? 野生のイチジク。

野生のいちじく


  実家に行ったとき、


  「これ知ってる?」



   と 母に訊かれた。





   そういえば、私が住んでいた時にはなかった木だ。


  そして、何か小さい花のようなものが たくさんついていた。





   「山イチジク。 食べられるのよ」




   と 母が言った。


   山イチジク?



   いちじくの実




   よぉ~く見ると、ホント いちじくだ!



   ちょうど完熟な実がなかったので

   試食できなかった。。。
    (甘くておいしいらしい)






    どうしたのと尋ねると、



   「多分 鳥が持ってきた」


   とのこと。




   どうやら、野鳥のフンにイチジクの種があったんだね。



   実家の庭は、


   農薬もしないし、


   日当たりも良いので、



   野良猫や近所のにゃんこが ひなたぼっこをしたり、


   ハトが巣を作ったり、


   冬になると、食べ物を求めて

   庭のピラカンサやもちの木の実を食べにくる。




   スーパーの野菜から 育てようとするときに、

   完熟の実から、種の周りをしっかり洗って落として、

   肥料を与えて 根が出るけど、




   自然は、鳥が完熟の実を食べて、

   しっかり種の周りを消化して、

   フンという肥料を一緒にして土に落とす。




   完璧な種植えだ。



   自然ってすごいな~。








    そういえば。





    ブックカバー


    ブックカバー注文ありました。



   ブックカバー2



    いよいよヴォースウィフトの革がなくなってきた。



    この革が、私、一番好き。





    しかし。


    山イチジク、食べたかった。





    

まさかの嫉妬?



   ちょいと実家に泊まってきたくまぶんです。


  いやあ、天気のせいか、頭痛が毎日です。

  そして眠気が半端ない・・・


  冬眠するか・・・夏だけど・・・・





  というわけで、まると実家の小桜インコ:ココチーノ、


   初のご対面でありました。






   結果は。。。。無視。





   お互い自分が鳥だという自覚がないからね(笑)



   ココチーノ



   「あの小さい青いのは何だ?」




   って感じ。



   肝臓を悪くして、体の色が緑から赤になってしまった、


   元気もなくなった7歳のココは、


   毛が髪の毛のようにサラサラしている(気持ちが良い)



   ココチーノ



   ネクトンを飲ませてから、


   かなり元気になり、尾っぽの青色が綺麗になってきた。


   さすがネクトン。




   でも、小桜インコは噛む力がすごいので、


   二羽を放鳥出来ない。




   戸を閉めて、隣通しで放鳥する。



   私がまるに優しい言葉をかけていたら、


   ココが母に噛みついた!!




   母曰く「明らかに嫉妬の顔だった」




   ココチーノ


  
    ドア越しに聴こえる



   私のまるへの愛情の言葉が



   ココの嫉妬を高めてしまったらしい。





   すぐにまるをゲージに戻してココの所へ。



    いつもは怖がる私の手に直ぐ乗ってきた。


   私が教えた言葉も私の目の前では普段言わないのだが、


   今回は、


   
    私「ココ~」


   ココ「ココちゃん!!」



   私「サンキュ~」

  
  ココ「サンキュ~!!」




  私「わかった人~」


  ココ「ギャ~~ィ!!」



   一体どうした?!ココチーノ!!



   愛情を自分に向けてほしいのか? 必死だ!!


   まるは全く変わらないが、



   やっぱり愛がすべての小桜インコは


   親の私が、他の対象に愛情を込めるのが嫌みたいだ。





    まだまだ愛情が必要なまる



    いつまでも愛情が必要なココ



    幸せの青い鳥と赤い鳥は 一人では大変だ。






    ところで



   イチジク



    実家で食べた イタリア原産いちじく



   イチジク



    イタリアンハニーの別名とあったが、



    本当にはちみつみたいに甘くておいしかった☆



   色々な経験をした実家でした☆




   

私を忘れないで?

 

  暑いのが、先日の雨で涼しくなりました。


 お盆休みは、少し快適に過ごせそうです。




   さて。



  鳥を見て、気分をリフレッシュしようとしたら、




   探していた



  サザナミインコ が入荷していた!!



   触らせてもらったら、



  「プップ プップ プップ・・・」


  小さいかわいい声♪



  激かわ(●´ω`●)




   でも、先日すっごく噛み噛みしたマメルリハは

 
  前より噛まなくなっていた。




  サザナミインコ、小桜インコ、マメルリハ・・・・



   今 同じお店に悩んでいる3種類がいるのだ☆


  悩みに悩んで、今は自分の調子がよくないので


  ひとまず 帰ることに。





   実家に帰ると、元うちのペット、コザクラがすり寄ってきた。


 
   ココチーノ



    あ、紙を切りたかったのね。




   「新しい子を連れてきてもいい?」





   と聞くと、





    ココチーノ2





    「ガジガジガジ・・・・・」





   無視か~~い!





   でも、今回はやたら撫でて☆


   と 一日に三回も四回も 手の中に入ってきた。




   今までは 三日滞在の内、一回くらいだったのに。




   分かるのか?




   他の鳥に 目を奪われているのが 



   分かるのか??






   「分かってないよ」

   
  と 旦那。




   そうだよね。

  気まぐれ小桜だもんね。



   でも、やっぱりココチーノは可愛いのであった(〃 ̄ω ̄〃
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kumabun

Author:kumabun
 東海地方に住む30代主婦です。
2012年7月よりサザナミインコのまる
を飼いはじめました。
ベランダ園芸、革小物、裁縫など
 下手だけれど好きで
 チャレンジしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
摂氏/華氏 温度変換器
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。